業務内容


クライアント企業様の中国知財業務・アウトソーシング業務に関するトータルサポートを行っています。

特許・実用新案出願(日本⇒中国)

 弊所には、人工知能・IoT関連技術に精通した弁理士が在籍しており、中国での人工知能・IoT関連技術の特許取得なら、お任せください。(社内SEは、大学と共同で人工知能エンジンを開発し、業務に活用)

 所内の翻訳専門チームが中国語(簡体字体字)翻訳を担当しますので、技術的な理解不足による誤訳がない良質な中国語明細書を作成できます。
 また、隆櫻知財コンサルティンググループでは、中国語明細書を翻訳する際に、英文・日本語明細書を参照しているため、極めて正確な(中国本土・台湾用)中国語出願明細書を準備できます。
 拒絶理由対応時には、中国本土・台湾のローカルな審査実務に精通し、欧米のグローバルなスタンダードも理解した弁理士が、国毎に異なる特許性の判断基準を踏まえた適切な選択肢(クレーム補正案反論案)を提示します。全ての拒絶理由に対して、中国弁理士と日本国弁理士が共同で分析し、対応案を提案致します。

特許・実用新案出願(現地発明の中国・日本での権利化)

 特許・実用新案の国内出願時には、特許ビジュアライゼーション手法を用いて、発明者様とのヒ

アリングにて発明を膨らませ、内容面での充実を図ります。ヒアリング内容を元に、世界で戦うための明細書を作成します。

 拒絶理由対応時には、中国特許庁の元審査官経験者を含む個性あふれる弁理士たちが、権利取得の可能性を見込める選択肢(クレーム補正案)を提示します。全ての拒絶理由の分析は、中国弁理士と日本国弁理士が共同で分析致します。

 さらに、日本国弁理士が、その中国語明細書に日本の審査実務においてもスピーディに権利範囲

が広く良い特許が取れる工夫を事前に仕込み、かつ翻訳専門チームが作成した日本語翻訳文を全文

チェックしますので、日本の審査官にもわかりやすくスピーディな権利化が可能な明細書を仕上げ

ます。

審判・特許行政保護・訴訟

 隆櫻知財コンサルティンググループは、審判手続特許行政保護・訴訟手続の経験も豊富です。経

験豊富な特許弁護士が在籍しており、多数の審判案件訴訟案件で実績を挙げております。

 隆櫻知財コンサルティンググループなら、出願業務のみならず、審判訴訟案件についても安心

してお任せ頂けます

 また、隆櫻知財コンサルティンググループは、これまでに審判・特許行政保護・訴訟について多

数の論文を執筆し、クライアント様に情報提供してまいりした。

商標・意匠業務

 隆櫻知財コンサルティンググループ は、特許実用新案だけではなく、これまでに数多くの商

意匠出願も取り扱ってきました。

 日本企業に、中国での商標のネーミングなどのサービスも提供しております。

 財産調査、商標調査、商標の異議申立、商標無効審判、商標訴訟、商標の買収・ライセンスの交渉など

の業務も得意です。

特許調査・コンサルティング業務

 中国特許庁の審査官と連携して、審査官端末を利用した高精度な特許調査を実施可能です。各国の特許文献の調査のみならず、商業データベース(CNKI、万方、読優中文学術、超星科学技術デジタル図書館など)を利用して非特許文献の調査も得意です。無効化調査、クリアランス調査もお任せください。
 さらに、PythonやWakeツールを活用したビックデータの分析に基づく、インターネット上の知財侵害の調査にも強みがあります。 
 発明発掘はもちろん、中国市場の競業他社に対して、競争力を増すための出願戦略を提案することも可能です。
また、隆櫻知財コンサルティンググループには多様な弁理士が在籍していますので、知的財産権全般にわたる相談を受けることができます。

アウトソーシング(バックオフィス)業務

・大連ソフトウェアパークのIT企業と独自に共同開発した人工知能エンジンを活用したインターネット上の知財権侵害対策

技術・法律文章の翻訳

データ入力・集計業務、コールセンター業務

ECビジネスなどの中国ビジネスサポート(模倣品対策・市場調査)


主な取り扱い分野

得意分野:機械・材料・エレクトロニクス・通信・バイオテクノロジー・化学など

これまで、日本、欧米、中国の大手メーカーに対して特許サービスを提供してまいりました。クライアント様の属する業界は、エレクトロニクス、運送機械、化学、生物、医薬品、通信機器、自動車、半導体機器、光学機器などに及びます。

 

対応言語:日本語・英語・ドイツ語等
海外代理人とのコネクション:

日本・米国・欧州・台湾・韓国などの大手国際特許事務所と連携しており、

グローバルな知財ネットワークを形成しております。